今回は「補聴器購入後に調整の重要性を知る」についてお話します。

最近、補聴器購入後にご相談いただくケースが増えています。(特に補聴器を使用されているご家族様からのご相談)

「補聴器はどこで購入しても同じ」「メーカーさえシッカリしていれば大丈夫」「買えば直ぐに使いこなせる」「安い店で購入した方が得だ」等などマダマダ補聴器に対する誤解が耐えません。

当方にご相談頂いた方の感想を伺ってみますと「効果の確認をはじめ、こんなに細かな説明を聞いたことがない」と言ったお声が大半。

10万円以上する補聴器が多い事から、頻繁に買い換え出きるものではありません。マダマダ情報が不足する補聴器ですから、最初に購入したお店の販売、調整の流れが「スタンダード」と思いがちです。

調整およびその効果が上手く出ている場合には良いのですが、逆のパターンに陥った際に初めてその流れが「スタンダード」ではなかった、と知ることになります。

個人的には「資格(認定補聴器技能者)だけを判断基準にしないで下さい」といつも申し上げています。

なぜなら、資格は「補聴器業界に携わる人間なら知っているべき内容の基礎に過ぎない」からです。(勿論、無資格で基礎に至っていないかたは論外ですが。)

資格よりも、「現場で補聴器効果の測定を実実施しているか?」や「相手の話をシッカリと聞く態度」、その上で実現の可否を「分かりやすく説明する知識と経験」等が何よりも優先されるべきではないかな?と思います。

加えて、抽象的ではない具体的な「お店の方針」「お店の代表者のプロフィール」に着目すべきである、と。

大きな買い物となる「補聴器の購入」

失敗することなく、意味のある補聴器を選ばれることを心より願っております。当方はマダマダ情報が少ない補聴器を分かりやすく世の中にお伝えしてまいりたいと思います。

本日は「補聴器購入後に調整の重要性を知る」についてお話しました。