一流補聴器メーカー出身の技能者が大阪市内のご自宅で補聴器フィッティング「補聴器ご自宅.com」のブログへようこそ。

こんばんは。

ただいま東京➡京都移動中の新幹線より更新です。

東京でのセミナー受講二日目。

今日の朝は喫茶店からスタートしました。IMG_20150201_220455

補聴器について新しいアイデアを考えるとき、普通は必ずと言っていいほど、思考にブロックがかかります。

「補聴器というのは●●だから」
「補聴器は、●●だから高い」
「補聴器は●●すべし」

広く世の中に補聴器のことが広まって
いない今のような段階であれば、基本をお伝えする事が何より重要です。

ただ、「新しいサービス」をスタートする場合、●●だからや●●すべしは、アイデアの邪魔となります。

つまり、

もしも~ならとか、

今は●●が常識だけれども、時代が変わったら?

というスタンスから物事を考えないと、決して新しいアイデアは浮かびません。

東京での「フォトリーディング」発展講座でもある「POT講座」で

ひたすら、自分への問いかけ、質問、イメージを繰り返してきました。

結果、

今後とるべきアクション、
モデルとする他業界のスタイル、
全国共通の新サービスなど、
通常の常識を「無いもの」として、
柔軟な発想で新アイデアがいくつも頭の中に浮かび、「マインドマップ」と呼ばれる思考の整理ノート術に面白いほど書き綴ることが出来ました。

補聴器に普段関心の無い方に、このアイデアを語りかけるプレゼンテーションまで行って来ましたよ~

関西(奈良、大阪)に帰ったら、一段とこの発想法を進化させて、新しいチャレンジ、進めて参りたいと思います。

今ある補聴器業界の常識を広く世の中に、分かりやすくお伝えする事が「第一段階」とするならば、業界に革新を起こすことは「第二段階」

今年は「第二段階」を意識しながらアウトプット(行動と発信)してゆきたいと思います。

今月も休日返上で様々な所に出没してゆきます!ご期待下さい。

おまけ

講座の一日目に「今日の参加者の中にも補聴器の本を出された方がココにおられます」

フォトリーディング講師の山口佐貴子先生からご紹介頂いたので、少しうれしはずかし、でした。(^-^;
フォトリーディング抜き(山口佐貴子先生)抜きには出版は実現しなかったので、改めて感謝、デスネ。m(__)m

おまけその2

昨日は大学時代の友人宅に泊めて頂きました。講座の懇親会後、夜遅くに訪問させてもらったのですが、ゆっくりリフレッシすることが出来ました。Hさん、ありがとうございます!

本日は以上です。

明日から学んだこと実践して参ります。

関わる人々が補聴器を通じてよりハッピーに!