今回はこれから補聴器を検討される初心者向けの方にお届けする内容です。

【大阪市天王寺区周辺】で補聴器専門店を探しておられる方へ

Older man or pensioner with a hearing problem make a hearing test and may need a hearing aid, in the foreground is a model of a human ear

検索エンジンで補聴器専門店(大阪市にある補聴器専門店)を探す方法

検索サイトで【大阪市 補聴器 専門店】と検索すると、概ね該当する販売店が検索結果に表れます。おおよそイメージする補聴器専門店の名称が表示されるのですが、注意すべきポイントが1点だけあります。

それは・・・

検索結果には、補聴器専門店のホームページだけでなく集音器を取り扱う販売店のホームページも表示されることがあるからです。(主に上段の広告欄に表れます。最初は補聴器のメリット、デメリットに触れつつ、いつの間にか通信販売している集音器の話題に変わっている、この商品のお問い合わせはこちらへ・・・そんな感じです。)

補聴器は医療機器の一つであり、対面販売が基本の商品です。

お客様毎の難聴の原因、耳の形状、使用目的、経験の有無を時間をかけながらヒヤリングしてゆく過程が必須となります為、通信販売が向きにくい商品と言わざるをえません。

Older woman or female pensioner with a hearing problem make a hearing test and may need a hearing aid, in the foreground is a model of a human ear

補聴器メーカーのホームページをチェックして補聴器専門店を探す方法

補聴器専門店を探す別の方法もあります。

それは、【補聴器メーカーのホームページを見る】です。※補聴器メーカーのホームページには各都道府県ごとに自社の製品を扱っている販売店を紹介するページを設けています。

補聴器販売店の紹介ページを設けている主だったメーカーを挙げますと、シーメンス(シバントス・シグニア)補聴器、フォナックジャパン、オーティコン、リオネット、スターキー、ワイデックスなど。

具体的流れ:『大阪府の販売店』検索をかけると大阪の補聴器販売店が表示されます。その中から専門店をピックアップするという方法です。

※ここでの注意点は、専門店だけでなく兼業店も掲載されているという点。

加えて”補聴器専門店”の名称であっても、実際は本業との掛け持ちであることもしばしばあります。

※兼業がダメと言っているのではなく、【補聴器専門店】という名を語るならば補聴器専属のスタッフが1名以上が常駐しているいるか?ということを申し上げています。

その理由は、補聴器の調整は通常時間を要します。補聴器調整前と調整後でどう変わったのか?補聴器専門店であれば客観的なデータ(効果測定の結果)を明示するため少なくとも30分から60分の調整時間を要すため、他の事をしている時間はありません。ネットで検索した後、来店する前にあらかじめ電話して、認定補聴器技能者が常駐しているか?尋ねてみるのも良いでしょう。

認定補聴器技能者在籍店から専門店を探す方法

補聴器のスペシャリストを養成するための業界制度として「認定補聴器技能者」制度があります。資格取得までの業界在籍・最短期間が5年以上と時間を要し、耳鼻科との連携も受験、資格維持の必須要件となっています。補聴器を調整、販売するうえでの最低限の知識レベルと補聴器選定のための聴力測定、耳穴型補聴器や専用オーダー耳栓作製のための耳型採取、補聴器の効果を測定、補聴器の状態を測定する特性機の扱いなど一定の技術レベルも合わせて求められます。

※ただし、国家資格ではありませんので注意も必要です。どこの世界もそうですが、資格だけ保持して実際の現場では効果測定などを行っていない販売店もかなしいかな、まだまだあります。「資格をもっていること」が重要なのではなく資格知識と技術を活かした「納得のできる効果測定、説明、手際の良く清潔に耳採取ができているか?」この辺りを見ていただきたいと思います。

こちらのテクノエイド協会のホームページで認定補聴器技能者在籍店を調べる事が出来ます。

※ただし、こちらも注意が必要です。初期設定のまま検索してしまうと『認定補聴器専門店』のみしか表示されません。

おすすめ検索方法⇒ 一番右端にある『認定補聴器専門店のみを検索』のチェックを外してから検索してください。

チェックを外して検索する理由・・・

メーカー出身の認定補聴器技能者などが独立して期間が浅い場合には、あえて認定補聴器専門店資格をとらない補聴器販売店も存在するからです。加えて、日本全国をすべて認定補聴器専門店がカバーできているわけではないため、検索結果の販売店数自体が減少してしまいます。

新しい補聴器専門店を探してみる方法

補聴器業界の新しい流れとして、メーカー出身者が独立して補聴器専門店を開業するケースも増えています。補聴器の基礎、補聴器の実際を誰よりも知っているメーカー出身者だけに補聴器の説明、調整、アフターフォローの面でも満足に足るサービスを受ける事も可能です。

補聴器メーカー出身者による新しい補聴器専門店グループについては、こちらが詳しいです。

今回は、初心者の為の補聴器専門店(大阪市補聴器専門店)の探し方と題してお届けしました。