Pocket

補聴器メーカーの主力製品をご紹介するシリーズです。

今回はスイスのメーカー、フォナック社(=日本法人はフォナックジャパン)。

スイス本国では上場もしているかなり大きな会社です。世界ではトップクラスのシェアを持ちます。

日本ではまだまだ知られない方も多いのではないでしょうか?(主に補聴器専門店で取り扱われることが多い)

販売店向けのセミナーでは、スイス本国の動向、売り上げ推移なども発表されます。(⇒かなり成長されてます。)

今日取り上げるのは、2013年初めに登場した、同社の定番シリーズ、クエストシリーズ。

▼タイプ別名称について

耳穴・・・バート  

フォナックの耳穴式はバート
耳あな式の名称はバート

耳かけ・・・ボレロ と呼びます。

フォナックの耳かけボレロ
フォナックの耳かけはボレロ

▼クラスについて

90、70、50、30の4クラス。前にクエストを意味するQが付きます。

(上から、Q90、Q70,Q50,Q30)

Q30の耳かけ(ボレロ)は、片耳138,000円~

▼以前のシリーズと大きく変わった点を3点。

1、両耳装用での性能UP ※両耳通信機能はQ50以上のクラス

バイノーラル・ボイスストリーム・テクノロジーとよばれる新技術を採用。

結果、両耳装用時に、これまでにない鋭角な指向性。最上位クラスでは、風の中での会話が可能に。
(左右に風と会話が同居するとき、会話のある方に聞き取りをシフトすることで、風を気にせず会話が可能。)

2、スタンダードクラスでも12チャンネルとお買い得

チャンネル数がスパイスシリーズから2倍の12チャンネルへ。(Q50)

これは、お客様にとっても、販売店にとっても喜ばしいところ。雑音下での聞きとりには、一歩も二歩も前進。

3、IICとよばれる超小型耳穴式でも、音量、音質変更可能。

超小型補聴器サイズIIC
フォナック社のIICと呼ばれる超小型サイズ
ミニコントロール(リモコン)
ミニコントロール(リモコン)

※別売り・専用リモコン ミニコントロール(18900円)による。

比較的お若い方、場所によって、自分で調整をしたい、と言うお客様には、もってこいの商品です。※他社にはない、独自の強みですね。

以上3点が、私が考える、フォナック社新製品の独自のセールスポイントです。

補聴器専門店の立場からいうと、Q50クラスでも出来ることが多くあり、これで十分では?

と、思わせる機能をもっています。

本日は、フォナック社の紹介シリーズ第一弾として、クエストシリーズをお伝えしました。

動画でもフォナック社の特徴を解説しています。