Pocket

大阪&奈良を中心に、ネットとリアル両面で日々補聴器情報を発信するハスキーボイスな補聴器伝道師こと中村です。

昨日から3日間、早めの「夏休み」いただいております。

この夏休み中も、有りがたい事にメール、電話ご相談共にいただいております。

「現在、病院の補聴器外来で補聴器の相談をしています。」

「出来るだけ補聴器を速くスタートしたいのですが、スケジュールの都合で次に見てもらえるのが一ヶ月後になる」と言われたそうです。

「親も高齢のため、出来るだけスピーディーに対応してもらえる所を探していたら、中村さんのサイトを見つけました。」

昨日、問い合わせの御電話を頂いたのは娘さまでした。

「補聴器購入までの流れや価格」
「補聴器貸出の流れ」
「補聴器出張訪問サービス料金」
などについてお尋ね頂きました。

そして、一日置いた本日、
正式に「補聴器の訪問相談」のご依頼を頂戴いたしました。

当店では、大阪市内のご自宅訪問につきましては、保証期間中の出張料を「無料」とさせていただいております。

その他地域は、一定期間は「無料」で訪問させて頂き、その後は「有料」にて訪問を承っております。

一部、出張訪問サービスを全地域「無料」とされている販売店もおありかと思いますが、これについては個人的には異論があります。

よほど企業規模が大きい、若しくは
定期的にその地域を訪問するシステムが、既におありになる、

そういった事がない限り、現実的に「全ての地域について訪問料を無料にするのは難しい」と思うからです。

「補聴器は継続的にフォローが必要になるもの」です。

「販売時だけ、セールストークの中に良いことを並べて。購入につなげるやり方」には正直、無理があります。
(補聴器は購入して終わりではありません。購入されてから始めてスタートです。)

「ご自宅訪問にかかる費用」には、

移動の為の「交通費」
移動の為の「時間」

等が必要です。

補聴器代金の中には購入した店舗での「補聴器の調整料金」が含まれています。

補聴器代金に含まれていない「移動」についてコストがかかるのは必然です。(前述のように既に対応出来るモデルが、ある販売店は例外として)

この辺り、今後、主流となってくるであろう「補聴器の自宅出張訪問」について深く考えられない一面のお話、でした。

出来るだけ費用はかけたくないといったユーザー様の場合につきましては、

間違いなく地元近くの補聴器販売店で見てもらう事が「最善」です。
(お客様も販売店側もお互いに移動の時間が少なくてすむ)

その辺りを、考えながらお店選びをされると良いのではないでしょうか?

本日はご依頼いただいた補聴器自宅出張訪問サービス事例から、本質の部分を述べさせていただきました。

●シーメンス補聴器勤務時代からお世話になっている先輩のお店に行ってきました!

中々の設備に感心しまくりでしたよ。
その辺りのお話はまた改めて。