Pocket

大阪府枚方市在住、今堀様(小型耳掛け型RIC補聴器ご使用中)よりお客様の声を頂戴しました。

※注 本記事はあくあまでも当店のサービスをご利用されたお客様自身の個人的なご意見・ご感想です。補聴器の効果には個人差があり、補聴器の画一的な効果効能をうたったものではありませんのであらかじめご了承願います。

一番下に解説文もいれております。

以前から補聴器をご使用中だった今堀様のお悩みとは?

私は他社の補聴器を使っていましたが、私の耳は低音が聞こえにくく意味がありませんでした。(=使用していても効果がありませんでした。)

ネット検索からご自宅に訪問依頼をする際の抵抗はどうしてを解決されましたか?

で、娘に相談したところインターネットで「補聴器ご自宅.com」を見つけてくれました。(きっかけが)インターネットなので少し不安な気持ちがありましたが、娘も一緒にいてくれると言うので1度家に来てもらうことにしました。

高齢になるとはやり家に来てくれるというのは、有り難いです。

補聴器は購入後のアフターフォローが重要

私の耳の聞こえ具合に合わせて調整していただいているのでよく聞こえる様になりました。(※以前の補聴器と比較して)

2ヶ月に1回調整に来てくれるのも有り難いです。

故障した時もきちんと対応していただけるのも安心です。ただ、郵送するので時間がかかります。(ですが、それは仕方ないですね。)

これからも元気な間はお世話になると思いますのでよろしくお願い致します。

<当店代表中村よりコメント>

今堀様が以前にご使用の補聴器は、当方が新たに提案させていただいたRIC補聴器(小型耳掛け型補聴器)ものと同一タイプ。以前の補聴器をご使用になっていない主な理由は、装用した際に耳にフィットしていないことおよび、必要な出力の不足(=低音部)でした。「効果測定」と呼ばれる補聴器の効果を数値でみる客観的なテストを行っておられなかったとのことで、この点を重要視してご本人様、ご家族様にご説明申し上げました。新しい補聴器はレシーバー(スピーカーに相当)と呼ばれる部品が小さく、雑音抑制(会話以外の生活音抑制)機能が強いのが特徴で、装用した際の違和感が少ないというのもメリットでした。

※注意 下記の写真はイメージ図です。

補聴器効果測定を専用機で実施

今堀様宅に訪問する際には、毎回、ご本人様だけでなく、娘様、お嫁様の3名に同席していただいております。※今回の文章もご本人様に代わって、お嫁様に代筆いただきました。

前回に行った補聴器の調整結果をご本人様だけでなく、普段から接することが多いご家族様に同席いただくことで、日常での問題点の早期発見に役立ちます。

また、調整の過程とご本人様のご意見のやり取りを第3者の方にもご覧いただくことで、補聴器情報の共有化を図ることができます。※お忙しい中、お三方にお時間を作っていただけることは本当に有難いです。

前回の補聴器を購入されてから新しい補聴器購入までの期間が浅いということもあり、現在は、通常の訪問頻度よりも多く集中して訪問させて頂いております。

修理につきましては、メーカー修理となりますと通常10日前後時間を要します。その為、当方では予備の補聴器をお持ちでない方には代替え補聴器の貸出も無料で行っております。

<まとめ>

今回ご紹介した今堀様の事例のように、補聴器の購入、その後の調整につきましてもできるだけご家族、ご友人に同席して貰うことお勧めします。補聴器は現在のご自身の聞こえを最大限に引き出すもの。(=昔の聞こえに完全に戻すものではありません。限界のある製品です。)

こうしたことをお一人で悩むのではなく周囲の方と問題点を明確化し普段の生活にも配慮していただくことも必要となってまいります。今堀様、今回は貴重な感想をありがとうございます。今後と催しくお願い申し上げます。